バストケア

乳首ケアしてる?知っているようで知らない3タイプの乳首ケア

更新日:

乳首は肌の中でも敏感で弱い場所です。
そして堂々と人とは比べられないけど、ひそかに自分の乳首はどうなのかと不安な人も多いでしょう。
できれば綺麗な乳首でいたいですよね。
また、トラブルを抱えている人も少なくありません。
そんな人には言えない乳首のお悩みを持つあなたに、乳首ケアをご紹介します。

1. 乳首の周りに毛が生えている時のケア

乳首の周りに毛が生えていて悩んでいる人は結構いるものです。
毛の量や濃さに個人差はあるものの、産毛がたくさん生えているのは意外と普通なのです。

ただ、気になるものは気になりますよね。
お風呂に入った時に脇のムダ毛処理と一緒にカミソリで処理しようとしている人や、毛抜きで抜いている人もいるでしょう。

注意したいのは、処理の仕方によってはお肌に傷をつけてしまうということ。
毛抜きは毛穴を傷つけてしまい、抜いた後に赤くなり、下手をすると色素沈着を起こしてしまいます。

また、除毛クリームは肌に強い刺激を与えるため、処理後にカサついたり色素沈着を起こしたりする恐れがあります。

カミソリや電気シェーバーは、使い方によっては肌に一番負担が少なくて済みますが、一概に「良い」とは言えません。

おすすめなのはエステや美容を扱う医療機関での処理です。
美容皮膚科や医療脱毛専門の機関もあるので、探してみるのも1つの方法です。

2. 乳首が黒ずんでいる時のケア

乳首の黒ずみは、気になるとお友達との旅行なども一瞬考えてしまいがち。
気兼ねなくお友達と旅行に行ったり、スーパー銭湯なんかに行ったりしたいですよね。

また、性体験が多いと黒ずむという説もありますが、実は性体験が少ない人でも黒ずみのある人はいます。

原因は古い角質がたまること、下着の刺激などによる色素沈着、出産によるものなど様々です。

乳首や乳輪の黒ずみは、黒ずみ専用のクリームがたくさん出ています。
市販のクリームで「ハイドロキノン」「トレチノイン酸」「ルミキシルペプチド」などが配合されているものは美白の役割があります。

また、肌と同じように美白成分が配合されたものや、ジャムウという天然成分が配合されたものなども肌には優しいのでおすすめ。
肌との相性もあるので、口コミなどを読んで調べてみると良いでしょう。

3. 乳首に亀裂がある、乾燥している時のケア

乳首に亀裂がある、または干しぶどうのようにカサカサしているなどの場合は、乾燥が原因です。

乾燥した乳首には日頃のお手入れが欠かせません。
入浴ごとに清潔にする、身につける下着に気をつける、専用のクリームを使って保湿するなど乾燥を防ぐことから始めましょう。

クリームは「ヒアルロン酸」や「セラミド」など、フェイスケアに使うのと同じ、保湿成分の入ったものを選ぶのがベターです。

授乳中の人は、授乳中でも使えるクリームがあるので、探してみると良いですよ。
また、保湿クリームを使って定期的にパックをするのも良いそうです。
パックはクリームを塗った上からラップをして、少し時間を置くだけ。
簡単なので手軽にできますね。

乳首の乾燥についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に詳しくまとめているので、是非読んでみてくださいね。
「放って置くと危険!乳首のかゆみや痛み5つの原因と3つの解決法」
(内部リンクを貼ってください ファイル名:2_乳首のかゆみや痛み)

【まとめ】3タイプの乳首ケアについて

乳首のお悩みは人それぞれ。だけど人に相談なんてなかなかできませんね。
乳首のケアは、タイプ別に大きく3つに分けられます。

  • 乳首周辺の毛が気になる人のケア
  • 乳首の黒ずみが気になる人のケア
  • 乳首の乾燥が気になる人のケア

自分がどのタイプかを知り、適切なセルフケアをして綺麗なバストトップを手に入れてくださいね。

合わせて読みたい陥没乳首や乳首の種類のこと
→【陥没乳首や乳首の種類について知りたい】

-バストケア

Copyright© 女性の胸の悩みを解決!【aimee】 , 2018 AllRights Reserved.