もう悩まない!バストに関するお悩みはココで解決♪

aimee

バストケア

ママ必見!産後5つのバストケアで赤ちゃん産んでも綺麗なバスト!

更新日:

女性は妊娠中からホルモンの変化でバストもふくよかになってきますよね。
赤ちゃんを産んだ後、授乳が始まりどんどんおっぱいを作るので、サイズは出産前と比べて2〜3倍に。

そして卒乳すると今度は徐々に妊娠前のサイズかそれ以上にサイズダウンして、びっくりすることもあります。

しかし、なすがままにするのではなく、産後のバストケアをすることで、妊娠前よりもバストアップしたり美しいバストになることもあるんですよ。

1. 産後のブラジャーの選び方

産後は授乳用のブラジャーをつけるのが一般的ですが、授乳が終わっても楽なブラジャーを選びがち。

特に最近はカップがくっついているキャミソールやノンワイヤーのブラが人気なこともあり、楽なブラをしている人も多いのではないでしょうか。

また、締め付けが苦手な人は、自分のサイズよりワンサイズ大きなブラをつけている可能性もあります。

しかし、楽なブラはホールド感が弱く、バストの形を保っておくことができません。
授乳後のバストは皮膚が伸びていることもあり、垂れやすくなっています。

しっかりとホールドする、自分のサイズにあったブラジャーを選ぶことで、バストが垂れるのを防げます。

2. 綺麗な姿勢を心がける

授乳や抱っこなどで、ついつい前かがみになりがちなママ。
しかし、姿勢が良くないと、血流やリンパの流れが悪くなり、体全体の代謝が落ちるのでバストがしぼむ原因になってしまうようです。

また、胸がしぼむだけでなく、肩こりの原因にもなります。
良い姿勢を心がけてバストのハリをなくさないようにし、余計な肩こりも招かないようにしましょう。

3. 母乳は左右均等にあげる

バストの大きさや乳首の形、抱き方の癖などによって、ついいつも同じ方の母乳ばかりあげていませんか?

母乳は赤ちゃんが乳首を引っ張って飲むので、どうしても垂れ気味になってしまいます。

母乳は出る出ないに関わらず、左右均等にあげましょう。
また、出ない方の母乳も、与え続けることで出るようになることがほとんどです。

4. やってはいけない!バストを下垂させるのはこれが原因

バストはクーパー靭帯と呼ばれる組織で支えられています。
クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると、元に戻らないとされています。
ですので、クーパー靭帯を伸ばさないように、または切らないようにすることが大切です。

クーパー靭帯を伸ばしたり切ってしまったりする原因として、無理なダイエットによる急激な皮膚の変化や激しい運動で大きく胸を揺らすことなどが考えられます。

バストはブラジャーできちんと支えたり、急激に変化しないように生活リズムを整えたりするように気をつけましょう。

5. 美しいバストを作る食品

バストは女性ホルモンが関係しています。
妊娠すると同時に女性ホルモンが活発になり、乳腺が発達して母乳を作り始めます。

赤ちゃんが母乳を飲まなくなると、自然に女性ホルモンも活性化されにくくなり、バストもしぼんでくるのです。

女性ホルモンは「エストロゲン」と呼ばれるものですが、これと同じ働きをするのが、よく耳にする「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボンはバストのハリや下垂だけでなく、女性に嬉しい抗酸化作用や、骨粗鬆症を防いでくれる働きもあるそうです。

その上アンチエイジングの効果もあるので、バストだけでなく、お肌全体のハリやつやも与えてくれます。

ただし、いくら体に良いと言っても摂りすぎは良くないようです。
摂りすぎると体が「エストロゲンが出すぎている!」と勘違いし、体内のエストロゲンが減少してしまうとのこと。

毎日の食事で、1品大豆が含まれているものを用意するなど、バランスのとれた食生活を心がけていれば大丈夫ですね。

産後のバストケアまとめ

産後にバストが垂れてしまったら悲しいですよね。
バストを垂れさせないためには、次の5つのことを心がけましょう。

  • ブラジャーはホールド感のあるジャストサイズを選ぶ
  • 綺麗な姿勢を心がける
  • 母乳は均等に与える
  • 激しい運動や急激なダイエットに気をつける
  • 大豆イソフラボンを適量とる

どれも、ちょっと意識すればできるものばかりです。
赤ちゃんを産んでも美しいバストを保ちましょう!

-バストケア

Copyright© aimee , 2018 AllRights Reserved.