バストアップ

バストのサイズは遺伝的な要素が大きいの?生活習慣は?

更新日:

バストの大きさに悩む女性は多いのではないでしょうか。
不思議なことに女性同士でバストの話をする時もありますが、小さいだけで何だか自信を持てないと感じる女性も多いようです。バストの大きさによって似合う服・似合わない服もありますし、ふくよかなバストは女性らしさの象徴でもあるので、何とか悩みを解決出来たらいいのになんて考える女性も多いのではないでしょうか。そもそもなぜ人によってバストの大きさが違うのか気になりませんか?バストの大きさは遺伝的な要因に左右されると言われます。バストのサイズについて悩んでいる人はぜひ一度参考にしてみてくださいね。

バストは遺伝的な要因が大きいって本当?

そもそも人間は親からすべてが遺伝するわけではありません。
「遺伝するもの」・「遺伝しないもの」があります。
遺伝するものの例として、身長や体格、肌の色、顔、バストサイズだと言われています。
その理由としては体格や骨格、二次成長期の時期、体脂肪の量が関係しているといいます。
こういった要因が影響する為、バストの大きさは親から遺伝すると言われる理由です。
ようは少しぽっちゃりとした体形の親からは、子供もぽっちゃりしやすいというのがその理由になりますね。

ただし「遺伝するもの」の中でも遺伝的要素が関わるのは30%~40%だと言われています。要はバストの一部にしか影響していません。
その為、母親が貧乳の場合でも母親よりもバストが大きくなる可能性は、十分あると言えるでしょう。注目すべき点はあくまでもバストの大きさに関わる遺伝は、「要素の一部」でしかないということ。では他はどういったことがバストに影響するのか気になりませんか?実は一番%として大きいのは「生活環境」だといいます。なぜ「生活環境」がバストの成長に大きく関係してくるのでしょうか。

バストに関係するのは「ホルモンバランス」

近年、医療従事者の間でホルモンに注目が集まっています。
バストの大きさで一番影響しやすいのは、「女性ホルモンの分泌量」だと言われます。
すべての女性で同じではないの?と疑問に持つ人もいると思います。「女性ホルモンの分泌量」は女性の初潮の時期によって大きく差が出てくるのです。女性が初潮をむかえるのは平均して11歳~14歳です。中にはそれ以前に始まる人もいれば、14歳になっても始まらない人もいます。初潮が始まると卵巣からの女性ホルモンが増え、バストの大きさに関わる乳腺組織の発育も早まるとされています。

胸の構造をみると脂肪が90%、乳腺が10%で構成されます。バストを大きくする為には乳腺の発達が大切だと言われています。乳腺の発達には女性ホルモンの一つとされる「エストロゲン」の分泌量が関係してきます。「エストロゲン」が分泌されることで乳腺の周りに脂肪がつき、バストの大きさに影響してきます。「女性ホルモンの分泌量」は幼少期にストレスを感じると、脳から分泌されるドーパミンの影響で成長ホルモンが分泌されなくなりバストサイズに影響すると言われています。若いうちは不安定でも問題ないのですが、女性ホルモンを整える事はバストアップにとってとても大切なことだといえるでしょう。

バストを小さくしてしまう習慣とは?

そうなるとバストを少しでも小さくしないように、魅力的なバストになりたいと思う女性は多いのではないでしょうか。実際に女性の中には、年々バストが小さくなっているような気がする…。と悩んでいる人は多いのです。その原因が日々行っている生活習慣にあるとは知らないと後々後悔することになります。

【原因1】睡眠不足

現代人は仕事や、毎日やることが多く睡眠不足の人が多いと言われています。たかが睡眠不足と思っていると、実は睡眠不足が原因で引き起こされる症状はたくさんあるので注意が必要なのです。睡眠不足を続けることで血流が悪くなることや、自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうことがあります。

【原因2】姿勢が悪い

姿勢が悪いと自覚がないまま過ごしている人も多いかもしれません。鏡の前でたって横からあなたの姿を見てみてください。猫背になっていませんか?猫背だとリンパの流れが非常に悪くなり、余計な部分に脂肪がついてしまいスタイルが悪くなってしまいます。姿勢は日々の意識の問題です。また、姿勢を良くすることでバストが美しく見える効果もあります。
毎日の生活で意識的に直してみましょう。

【原因3】食生活

現代人は洋服の為、可愛く見せる為と食事制限による無理なダイエットをしている人も多いのではないでしょうか。ダイエット自体が悪いわけではなく野菜だけの食生活や、ご飯やお肉は太るから食べないなどの偏食を続けているとホルモンバランスの乱れが起きてしまったり、バストはほとんどが脂肪なので、食事で脂肪が取れていなければバストサイズはどんどん縮んでしまいます。

【原因4】ストレス

ストレスとバストの成長の関係性は前述でも話しましたが、ストレスがたまることで女性ホルモンのバランスが乱れやすくなってしまいます。ストレスを全く溜めないようにするのは難しいかもしれませんが、何だか最近ストレスが溜まっているなと感じたら、一度リフレッシュする時間を見直してみてはいかがでしょうか。ストレスは様々な障害を引き起こし美容にもよくありません。

ここにあげた4項目に1つでも当てはまる場合は、一度生活習慣を見直してみましょう。特に現代人は昔に比べ、バストのサイズが上がっているといいます。欧米化した食生活が理由でもあるのですが、バストの成長は大人になってもある程度の年齢までは可能性がありますので諦めないでくださいね。

バストアップに効果的な食事はどんなものを食べればいいの?

バストのサイズには食生活が関係していることも述べましたが、バストアップしたいのでれば、髪の毛や皮膚、爪などを形成する良質な「たんぱく質」を積極的に摂るようにしてくださいね。「たんぱく質」には、「植物性」と「動物性」のものがあります。バストに効果的なのは「植物性のたんぱく質」です。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには、女性ホルモンの分泌を促す働きがあるとされています。要は大豆イソフラボンを食べることで女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌を促してくれるのです。私達にとって身近なのは「豆乳」「納豆」「醤油」「豆腐」などに豊富に含まれています。大豆イソフラボンを含んでいる食品はヘルシーなものが多いので、ダイエットを気にしている女性も取り入れやすいのではないでしょうか。

ただし大豆イソフラボンを摂るには注意が必要です。女性ホルモンのエストロゲンが優位な状態が続いてしまうと、子宮体がんになりやすくなってしまいます。また、頭痛や慢性的な疲労、イライラするなどの自律神経の乱れを引き起こすことも判っています。
20~30代働き盛りの女性の一日のイソフラボンの摂取量目安は70mgまでがいいとされていますのでくれぐれも摂りすぎることがないように、注意してくださいね。


バストのサイズについて説明しましたがいかがでしたでしょうか。遺伝的な要因もありますが、日々の生活習慣で改善できる部分がたくさんあります。バストの大きさは女性にとっての永遠の悩みでもありますので毎日の生活習慣を見直して美しいバストを保てるように努力してくださいね。適度な運動も大切です。

-バストアップ
-

Copyright© 女性の胸の悩みを解決!【aimee】 , 2018 AllRights Reserved.