バストケア

バストは他の部位と同じようにお手入れが必要なの?

更新日:


顔や髪のお手入れをしない女性はいませんよね。でもバストのお手入れとなると「している人」と「していない人」の2通りに分類されます。バストに関する悩みは人それぞれ持っていると思いますが、実際にバストのお手入れをしている人はどのぐらいいるのでしょうか。
実は女性の象徴ともされるバストのお手入れはとても大切です。友達にも相談しにくいバストのお手入れ方法についてご紹介致しますね。

バストのお肌のお手入れ方法とは?

美しいバストにする為には、肌の状態を整えることが大切です。女性は特に首やバストラインにエイジングサインが出やすいと言われています。あなたのバストを触ってみて何だか乾燥しているなと感じたら、保湿効果が高いクリームをつかって持ち上げるようにマッサージをするのがおすすめです。尿素や、ヴァセリンなどの保湿効果が高く、安価なクリームはたくさん販売されています。
また美しいバストにシミや黒ずみは厳禁!黒ずみを緩和するのであれば美白効果が高い「ハイドロキノン」などの成分が配合されているクリームを使うと、お肌に透明感が出て美しい状態を保つことが出来ます。
また、バストだけ別にクリームを用意するのがもったいないと感じる人は、顔に化粧水やクリームを付ける時に一緒に胸までつけるようにすると毎日のお手入れも手軽に行うことが出来ますね。バストの保湿をしっかりすると、美しいお肌を作り出すことが出来るのでおすすめですよ。


乳首に出てしまうブツブツとした凹凸

この凹凸は「モンゴメトリー腺」呼ばれるものです。女性のすべてが気になるわけではなく、目立つ人もいれば目立たない人もいます。見た目が気になってつぶしてしまう人もいますがそれだけは絶対にやめてくださいね。
「モンゴメトリー腺」は体にある余計な皮脂を排出することで守る役割があるのです。
ようは体内で脂の摂取量が多いことを表しているので、油の多い食事を控えたり、お風呂に入り代謝を促し、しっかりと保湿するなどの丁寧なお手入れが必要です。日頃のお手入れによって「モンゴメトリー腺」を軽減することが出来るので気になる人は、日常生活からの見直しを行うようにしてくださいね。

バストの毛が生えている人のお手入れ方法

バストを良く見る毛が生えています。濃さには個人差があり一概には言えないのですが、お手入れする方法がわからずにそのままにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。
バストの毛は腕や脚に比べれば比較的薄いものですが、きちんと処理しないと恥ずかしい思いをしてしまうかも。お手入れ方法としておすすめするのは、脱毛サロンやクリニックで
の処理をする方法です。自宅のお手入れでも出来ないことはないのですが、「カミソリ」や「毛抜き」でお手入れをするとお肌を傷つけてしまう可能性があります。特に「毛抜き」に関しては」毛穴にダメージを与えてしまうので、色素沈着の原因となったり、毛穴が開いてしまいボツボツした状態に。これではどんなに綺麗なバストをしていても残念ですよね。
バストの肌はとても繊細なので、お手入れをする際は気を付けてくださいね。
また、バストの毛をお手入れする時は生理前や生理中など、お肌がいつもより敏感になっている時はおすすめしません。

バストのお手入れというと何だか恥ずかしいし、誰にも相談できない人も、毎日の継続が美しいいお肌を作り出す秘訣です。バストクリームなども売っているので効果もそうですが、好きな香りを選んで毎日のお手入れが楽しみになるといいですね。バストに関する悩みは女性の多くが感じていること。だからこそ、あなたの悩みを解消して自慢のバストを手にいれるようにしてくださいね。

-バストケア

Copyright© 女性の胸の悩みを解決!【aimee】 , 2018 AllRights Reserved.