もう悩まない!バストに関するお悩みはココで解決♪

aimee

バスト知恵袋

日本人のバストの特徴について知りたい!

更新日:

私達日本人は他の国と比較してもバストへの関心が低い国だと言われています。
そんな中でも、美意識が高い女性なら他の国と比較した時に、バストにどのような違いがあるのか疑問に感じたことはありませんか。町で見かける豊満なバストをもった外国の方を見るとすごいボリュームだなと感じた経験は誰にでもあると思います。そもそも日本人のバストは外国の方と比較してどのような違いがあるのでしょうか。日本人のバストの特徴をおさえつつ、特に違いがわかりやすい欧米人のバストと比較してみましょう。

日本人のバストの特徴が知りたい!

私達が当たり前に思っていることが、外国の方からすると不思議に感じていることもあるのではないでしょうか。
日本人のバストの特徴は、乳腺形成がはっきりとしておらず脂肪の割合が多いとされる「脂肪質」に分類されます。その為、バストにハリやボリュームが足りずに下に垂れやすい胸をしていることがわかります。さらに、触り心地も柔らかく形が崩れやすいのが特徴です。バストを正面から見たときに左右が離れている人が多いので、人によっては実際のサイズよりも小さく見えてしまいますし、寄せてあげると逆にバストの間に隙間が出来てしまい見た目にも貧相な印象に見えてしまうことがあります。
もともと日本人は骨格に特徴があり、正面から見たときに体の幅はあるのに、厚みがないいわゆる「モンゴル型」の体系をしています。日本だけでなく、アジア圏に多い体型で、肌の色が黄色人種に分類されます。黄色みがかったような肌の色をいている人が多く、出身県によっては色白のお肌の人もいます。他に、黒人の人に多い「ネグロイド」や白人に多い「コーカソイド」に分類されます。
日本人に多いこの体系は海外で洋服を購入してもブカブカだと感じることや、体のラインに沿った洋服を着てもいまいちかっこがつかずに何だかイメージが違うな…と感じたことがあるのではないでしょうか。

欧米人のバストの特徴が知りたい!

日本人とはそもそも骨格が違いますよね。骨格が大きいとバストが大きくなる傾向にあると言われています。欧米人のバストの特徴は、胸板が厚くバストも前に突き出すタイプのいわゆる「ロケット型」の人が多いのが特徴です。その為、胸元が空いている洋服を着ていてもボンキュボンといわれるメリハリのある体を手に入れることが出来るのです。
日本人とは違い欧米人の場合乳腺が発達しているので、触ると比較的固めで乳房が大きく、年齢を重ねても垂れにくくバストの形が崩れる心配がありません。日本人がなりたいと憧れても、欧米人のバストにそう簡単になれるものではないのが残念ですよね。

日本人のバストは年々大きくなっている?県ごとに異なる平均とは?

日本人のバストも年々サイズが上昇しているといいます。それはどのぐらいの差が出ているのでしょうか。実際に統計を取っている数字で見てみると、日本人の多くが1980年代はAカップが58.6%と半数以上だったのに、2014年に入りAカップは5.3%にまで減少しています。現在はBカップのブラジャーが一番多く売れるそうで、時代が変わるにつれてバストの大きさも変化していることがわかります。

ちなみに県別でバストの大きさの統計を取ったものがあります。日本の中で一番バストが大きい県はどこだと思いますか。それは以外にも「京都」「岐阜」のEカップでした。
次に大きいとされるのはDカップの「宮城」「福島」「山梨」「新潟」「福井」「大阪」「奈良」「岡山」「広島」だとか。「東京」はCカップが多く、日本で一番バストのサイズが小さいのは「埼玉県」だとされています。この統計がすべてではないと思いますが、日本の中でも平均的なバストサイズがこれだけ変わるのは驚きですね。

また、日本人のバストが大きくなっている理由として以下のような点が考えられます。
なんといっても「欧米化」による食生活の関わりが大きいのではないでしょうか。
私達の体は毎日食べているものから形成されています。乱れた食生活をすれば体が悲鳴を上げますし、肥満や病気の原因となります。
バストを大きくする為には、「良質なタンパク質」の摂取が大切です。お肉や大豆には「良質なタンパク質」がたくさん含まれているので積極的に摂取することでバストの大きさに関わります。「欧米化」により脂質が多い食事も増えバストの平均的なサイズも上がりつつあります。バランスが取れた食生活はバストのサイズに影響しますので意識して気に気を付けたい部分でもありますね。

世界的に見るバストの差が知りたい!

世界的に大きなバストを持っている割合を一覧にした地図があります。このデータは2012年の時点ですが、ロシアが平均バストサイズ「Dカップ以上」と断トツで世界的に比較しても平均バストが大きいことがわかります。バストが大きい国は次にアメリカ、フランスと続きます。国全体でバストが大きいなんてとても羨ましいですよね。日本ではDカップなんて中々お目にかかることがありません。
バストが大きい国の中でもアメリカはバストアップや見え方を特に重視する国民性のようです。バストがいかに大きく美しく見せるかを努力し、ドレスをより魅力的に着られるようにコルセットなどを多用し、バストこそが美しい魅力的な女性の象徴でもあります。出産し授乳が終わるとどうしてもバストが垂れてしまうものですが、アメリカ人の場合、バストケアも欠かさず行うそうです。女性のライフスタイルが変わっても、バストに関する関心の高さは日本人も見習うべきではないでしょうか。

バストが大きい国からみられる特徴や傾向とは?

バストが大きい国の特徴を見てみると、全体的に寒い地域に集中していることがわかります。寒いと皮下脂肪を蓄えやすくなることや、食生活もバストの大きさに差が出る要因なのではとされています。ロシアやアメリカは日本に比べ脂が多い食生活をしています。ピザやパスタ、ファーストフードにしても日本とは比べ物にならないサイズです。その為、バストも大きいのですが体重が多い人も多く肥満率も同時に高くなっているのです。バストと食事の関係がいかに重要かわかりますね。日本人はバストが小さい分、国民の肥満率は低い傾向にあります。日本人の食生活も欧米化しているので、もしかしたらバストの平均サイズがもっと上がる時がくるのかもしれませんね。日本人もバストを大きく見せることや、保つことが美しい女性としての魅力であるとバストへの関心が高まるとまた違ってくるのかもしれませんね。

日本人のバストと世界のバストの差をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
骨格や体型の違い、元々の人種の違いはありますがもっとバストに関心をもって美しく見せる方法を知ることで日本人のスタイルはより素敵になるのかなと感じます。バストのサイズが小さくてもアンダーとの差で見え方も変わってきますし、美しいバストを作り出すことが出来ます。日本人はもともと脂肪質のバストをしているので、大胸筋や小胸筋を鍛えて今あるバストを保つ努力や、洋服の着方、正しい下着の身に着け方などバストを美しく見せる努力が必要です。特に男性は第一印象としてバストに目が行く人が多いとされますので、女性にとってバストは切っても切り離せないものであることは間違いありません。
規則正しい生活や食生活など見直し、魅力的なバストを手に入れてみてくださいね。

-バスト知恵袋
-,

Copyright© aimee , 2018 AllRights Reserved.